心理学の専攻は、将来なりたい職種をイメージすると決めやすい

そもそも心理学って何?

心理学とは、人間の心を科学的に研究する学問のことです。心理学には基礎心理学と、応用心理学があります。基礎心理学は、「この状況のときは、こういうふうな行動をとる」「こう言われたとき、にこう感じる」などの人間の行動や言動を、実験や統計などを用いてデータを集めることがおもな分野です。応用心理学は、基礎心理学が発展したものです。実験や統計で集めたデータをもとに、カウンセリングをおこなったりします。そして臨床心理学がこれにあたります。

どの分野を学びたいかによって、専攻は変わってきます

心理学は、大学や短大や専門学校などの幅広い学校で学ぶことができます。しかし心理学とひとくちに言っても、たくさんの分野が存在します。そのため、何について学びたいかで専攻を決める必要があります。人間の心の働きや行動などについて知りたいのなら、基礎心理学が学べる科を専攻してください。心理学を利用して、困っている人たちのサポートしたいのなら、応用心理学を学べる科を専攻するといいでしょう。将来どのような仕事に就きたいかによって、さらに分野が絞り込めるはずです。

将来就きたい職種は何ですか?

心理学には臨床心理学や犯罪心理学、スポーツ心理学や発達心理学など幅広いジャンルがあります。臨床心理学は精神科医など、精神的な不調を抱えている人のカウンセリングをおこなって、サポートすることがおもな役割です。犯罪心理学は、プロファイリングで犯人の行動などから心を読みとき、逮捕に協力することが仕事です。発達心理学は、成長に伴う心の動きなどを研究しています。このように、学んだことを何に生かしたいのかによって、専攻するべき科が変わります。将来なりたい職種をイメージすることで、専攻したい科も見えてくるはずです。

心理学は独学で学ぶことは難しいので、大学などで講義を受けることが大事になります。そのため、心理学を学ぶなら、心理学の大学に通うと良いでしょう。