知らなかった!エクセルの意外な使い道3選

グラフを作りたい時に便利!

表計算ソフトとして有名なエクセルですが、他にも様々な用途に使うことができます。その一つが、グラフを作るためのツールとしての活用法です。エクセルでは数値を入力した上でグラフ作成を選ぶと、自動できれいなグラフを作り上げてくれます。数値を変更すればグラフにも反映されますし、円グラフのように手書きでは正確に描けないものも簡単です。出来上がったグラフは、コピーすればプレゼンテーションソフトなどに貼り付けることができます。色なども自由に設定できるので、自分だけのオリジナルグラフを作ってみましょう。

レイアウトソフトとして使おう!

チラシや会報といったものを手作りする場合、ワープロソフトよりエクセルを使ったほうが短時間で仕上げられます。エクセルは文字や画像をオブジェクトとして扱うことができ、大きさや位置も自由に変更できるからです。ワープロソフトでは無駄に改行や空白を入れて調整するようなシーンでも、マウスによるドラッグだけで最適なバランスに仕上げられるのは便利です。図形もあらかじめ用意されていますから、地図などもすぐに作れますよ。

年賀状作りが簡単にできる!

毎年暮れになると私たちを悩ませるのが年賀状作りです。年賀状作成ソフトを買えば済むかもしれませんが、価格も高いだけに毎年買い換えるのは大変ですよね。エクセルなら画像や文字を簡単に配置することができるので、ネットで素材を集めてくれば本格的な一枚を作ることができます。あらかじめエクセルで住所録を作っておけば、年賀状に宛名を連続印刷することも可能です。年賀状用のテンプレートやウィザードもありますから、それに従って作業すればエクセルに慣れていない方でも安心です。

今、仕事をする上でパソコン資格は必須な時代です。MOS講座を受講することができるパソコン教室もあります。