火災保険の基本と仕組み、知っておきたいこと

火災保険に入るときは

火災保険は損害保険のひとつになります。住宅用のものと事業用のものと2種類あります。火災の被害に遭ったとき、建物や建物の中に収容されていたモノに対して補償してくれます。注意したいのは、保険の対象になるモノごとに加入しなければならないということでしょうか。建物だけ保険をかけたとき、火事で家が燃えてしまったら建物の損害分だけの保険金が出るということ。家具やその他のモノに関しての家財保険は任意で別に加入しなければならないようです。

保険料はどんなふうに決まるのか?!

火災保険には住宅用と事業用と2種類に分類されています。保険をかける目的、建物の構造、火災保険の種類など、さまざまな理由によって保険料は異なり変わってくるようです。安くしようと思ったら、長い期間かけるのがよいのかもしれません。保険の契約期間は1~5年、場合によっては10年~30年など長期の契約も可能となっているようです。住む家の程度や自分の置ける立場によって、契約の期間を検討して期間を選択するとよいのかもしれません。

こんなことにも補償が

火災保険は火災に関する損害だけ補償するのではないようです。例えば落雷による電化製品の損害、台風など強風で屋根の瓦が飛ぶなどの風害、以外にも洪水など水害で浸水した時にも補償してくれるようです。これらは自然災害による損害ですね。他にはドロボウに侵入される際、窓ガラスを割られてしまった、配水管が詰まって逆流してしまい水濡れしてしまったなどの、日常の生活の中での損害に対しても補償がされるようです。入っておくと家のことは安心!できるような気がします。

自宅が出火し建物や家財道具に損害が出た場合に、それを補てんするのが火災保険です。自己所有の住宅はもちろんのこと、賃貸物件も対象とした保険です。