過払い金の対策と言うのはいくつもあります

返還請求をすることです

過払い金、と言うのが一時期、流行しましたがこれは確実に返還請求ができます。但し、注意しないといけないのが自己破産をした場合、その権利を失います。これを意外と知らない人がいます。自己破産と言うのは債務がなくなりますが、債権があったしてもそちらも消滅することになります。過払い金は正確には債権ではないですが、要するに貰えるお金であり、権利であったわけですが、それは自己破産をすることになって失うわけです。

順序としては返還請求から

過払い金があるのであれば、まずは返還請求をすることです。その上で、それでも他の借金が返済できなくてどうしようもない場合に債務の整理をすることです。その方法の一つが、自己破産です。これで一から人生を再スタートさせることができるようになります。但し、デメリットもしっかりとありますから、それも知っておくことです。7年はお金を借りることが出来なくなりますし、特定の職業には就けなくなります。そうした職業に勤めている場合も退職です。

過払い金自体は珍しいわけではない

今ではこれから発生することは殆どなくなっていますが、過払い金があるのは珍しいわけではないです。ですから、お金を借りていたことがあるのであれば、確認したほうがよいです。自己破産などの債務整理をしようと考えているのであれば、これまでの返済の履歴を見たほうが良いです。それについては弁護士に相談をすることになります。これにもお金かかりますから、事前にいくらかかるのかは聞く必要があります。それでも過払い金の返還請求で自己破産などを免れるならばやるべきです。

自己破産は借金の返済が出来なくなった場合に、弁護士などに依頼をして手続きをすることで支払いの義務が無くなります。